フォト
無料ブログはココログ

2016年2月19日 (金)

埼玉県が地中熱で手厚い補助創設

Photo

埼玉県の平成28年度予算案では、地中熱に手厚い補助金を整備する予定になっています。

国の補助がない場合、3分の2まで補助するという意欲的な内容になっています。期待しましょう!

2016年2月 1日 (月)

2月6日茨城県立中央高校公開セミナー 当NPO代表理事も講演します

いつも大変お世話になっております。NPO法人環境とエネルギー事務局の名古屋です。

 

 本日はご案内させて頂きたい件があり、ブログにアップさせていただきました。

 

 今週26日(土)、13:0016:30茨城県立中央高等学校において、公開セミナー「地域のエネルギー活用とスターリングエンジンの開発」が開かれます。中央高等学校科学部生徒さんによる研究発表のほか、当NPOの福宮代表理事の講演も予定しています。

 

詳細は、以下の案内ページをご覧いただけると幸いです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/chuo-sc/biogas/2016/seminer2016.html

 

 よろしくお願いいたします。

 

NPO法人環境とエネルギー

事務局 名古屋悟

2016年1月23日 (土)

セミナー大盛況!「再生可能エネルギーと私たちの生活」

1453536726368.jpg
NPO環境とエネルギー事務局です。

今日は、埼玉県NPO活動助成事業による当NPOのセミナー「再生可能エネルギーと私たちの生活」を大宮ソニックシティにて開催しました。

低学年、中学年の子供たちが中心だったので、スターリングエンジンの模型づくり、どこまでできるかな…とちょっと心配していましたが、講師のものつくり大学平尾先生とお手伝いに来ていただいたNPO会員のサポートもあり、参加者全員が完成!!動かすことができました。

会場周辺の小中学校に全生徒分チラシを配布したところ、定員を大きく上回る応募があり、お断りせざるを得なかった方々が多数出てしまった事が心苦しいですが、また改めてスターリングエンジンの模型づくりを通じたセミナーを開き、一人でも多くの子供たちに未利用エネルギーについて知ってもらいたいと思っています。

2016年1月15日 (金)

【締め切り】1月23日セミナー「再生可能エネルギーと私たちの生活」

NPO法人環境とエネルギー事務局でございます。

ご案内させていただいております1月23日(土)大宮ソニックシティで開く環境とエネルギーセミナー「再生可能エネルギーと私たちの生活」ですが、おかげさまで多数の応募をいただき、満席となりました。

本日を持ちまして締め切りとさせていただきます。

残念ながら参加できないことをお知らせしなければならない方々が多数いらっしゃいました。。。

せっかく関心を持っていただき、応募いただいたのに心苦しい限りです。

ですので、当NPOでは春にも別途、セミナーを企画し、今回残念ながら参加できない皆様を優先的にご招待させていただきたいと考えております。

春の企画が決まり次第、ご案内させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願い申しあげます。

2016年1月13日 (水)

NPOセミナーの一環として浦和工業高校でセミナー実施

Kimg0526


NPO法人環境とエネルギー事務局です。

ご紹介が遅くなりましたが、本日、埼玉県NPO活動サポート事業を受けたセミナーの一環として埼玉県立浦和工業高等学校にて、セミナーを開催しました。

機械科をはじめとした生徒さんたち23人が参加し、再生可能エネルギーについてや低温熱をも動力に変えることができるスターリングエンジンの基礎、模型の一部制作を行いました。

18日には2日目の実習です。参加された生徒さんのスターリングエンジンがみんなうまく動くことを願っています。

詳細は後日、改めておまとめしてご紹介させていただきます。

申し込み多数でまもなく締め切りです! 1月23日セミナー

NPO法人環境とエネルギー事務局でございます。

さて、当NPOでは1月23日(土)14:00から大宮ソニックシティで埼玉県NPO活動サポート事業の助成を受けたセミナー「再生可能エネルギーと私たちの生活」を開催いたしますが、おかげさまでお申し込みが殺到しており、まもなく締め切りとなる見込みです!!

当NPOで、小学生や中学生向けのセミナーを開催した経験が少なく、当初は苦労しましたが、おかげさまで大盛況となりそうです。

応募多数のため、残念ながら今回ご参加いただけないお子さんたちが出てしまいそうなことは心苦しい限りです。

ですので、当NPOでは、春に改めて小・中学生向けのセミナーを開催したいと考えております。

決まり次第、改めてご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

2016年1月 8日 (金)

環境省が環境ビジネスのサイトを開設

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

さて、環境省のホームページを見ましたら、「環境ビジネス総合情報サイト」を開設しておりました。

先進的な環境ビジネスを展開する企業の経営実態や成功要因等について紹介するものとのことで、先進的な環境ビジネスを展開する企業29社への取材結果に基づき、商品・サービス等のマーケティング、研究開発、人材育成、資金調達等の企業経営の実態や成功要因、政策課題等をまとめています。

皆様のご参考にもなるかもしれませんので、サイトのアドレスを下記に記します。

http://www.env.go.jp/policy/keizai_portal/B_industry/front.html

2015年12月17日 (木)

【情報提供】被災地企業の再エネ技術研究開発

【情報提供】

事務局でございます。ブログ更新が滞り、申し訳ありません。

今日は情報提供を1つさせていただきます。

国立開発研究機構 産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所では、被災地企業の支援の一環として、再生可能エネルギー技術開発の支援を行っていますが、被災地企業のシーズ支援プログラムで採択された企業の研究開発の概要が公表されています。

太陽光発電、蓄エネ、地熱・地中熱技術など多彩な内容です。当NPO会員様およびブログを見てくださった皆様もぜひ一度ご覧ください。

以下アドレスで見ることができます。

http://www.aist.go.jp/aist_j/collab/results/freaseeds/index.html

2015年11月20日 (金)

「温室効果ガス抑制対策は効果あり」2割程度にとどまる~みずほ情報総研意識調査まとめから

NPO法人環境とエネルギー事務局です。

地球温暖化問題が叫ばれ始めてから久しいですが、日々、「何か気候おかしくない?」と感じられている方も多いと思います。

みずほ情報総研さんが実施した意識調査では、約8割の方が「地球温暖化はすでに始まっていると感じている」と回答していました。

一方で、これまでの取り組みで温室効果ガスが抑制できているか?という点については「効果があった」としている人は約2割程度しかいないという結果になっています。

日々の社会活動の中、暮らしの中で地球温暖化対策といってもなんとなくまだ曖昧な感じがするのは何でしょうかね。

省エネ対策、再生可能エネルギーの利用等エネルギーシフトは、「環境にいいからやる!」ではなく、「それが当たり前」というような流れにしていかなければならないと感じています。

みずほ情報総研さんのアンケート結果は以下から見られます。

http://www.mizuho-ir.co.jp/company/release/2015/ondanka1119.html

2015年11月13日 (金)

東京五輪の競技場と国内最大級の地中熱システム

NPO法人環境とエネルギー事務局です。

だいぶ前のことになりますが、東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都が整備する3 施設の基本設計の概要が公表され、水泳の競技場やバレーボールの会場に地中熱利用ヒートポンプシステムを導入する考えが示されました。

水泳競技場では冷暖房とプールの水温調節、バレーボールの会場では冷暖房として利用する考えになっています。

とりわけ水泳競技場の地中熱利用システムは、600kWにも及ぶ国内最大級の設備として描かれています。

いずれの会場も太陽光発電や太陽熱温水器、コジェネレーションとの組み合わせでエネルギー消費量・二酸化炭素排出量約3割削減を目指すとしています。

とても大きなプロジェクトで、実現すれば再生可能エネルギーのシンボル的施設として大きな注目を集めそうですね。

以下、アドレスで資料を見ることができます。

http://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/torikumi/facility/simonkaigi/index.html

«第19回スターリングテクノラリ「NPO環境とエネルギー賞」決定❗

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31